ゲーム漬けの生活をやめる方法

一日中ゲーム漬けの生活。

あなたはこれに該当しますか?もしくは周りにそのような人がいませんか?

 

僕もそうでした。

お昼の12時に起き、食事は一日1、2回。就寝時間は午前5時。運動もしなければ、誰とも接触しない。(ニートとか言わないで^ ^)

この生活を繰り返していくうちに虚しくなりました。ダメ人間なんだと思いながらもゲームに打ち込む毎日。でもやめられない。

そんな僕がどうして今では1秒もゲームをしないで生活ができているのか、そのために何をしたのかを紹介していきたいと思います。

とても簡単なことです。面倒なことは一切していないです。それではどうぞ!

Sponsored Link

ゲーム漬けになった原因を探る

まずなぜ自分がゲーム漬けの毎日を送っているのかを考えてみましょう。

その根本を正すことによってゲーム漬けの毎日から脱却する糸口が見つかります。

 

  • 人間関係がうまくいかないから?
  • 現実だとうまくいかないから?
  • ゲーム以外に誇れるものがないから?
  • 将来が不安だから?

この記事を読んでいるということは少しでもゲームをやめたい意志はあるということですよね。それなら現実から逃げず、よく考えてみてください。

僕がゲーム漬けになった原因

僕の話をします。

僕がゲーム漬けの生活を送るようになったのは浪人期の頃。

一日中ゲームをしており、そんな生活に不安が募るようになります。

「こんな生活送っていて、将来どうなるんだろう。親に迷惑しかかけてない、、、申し訳ないな、、、。」

この気持ちがだんだん強くなり、自分と向き合うことになります。

ではどうしてこうなってしまったのか。そりゃ1日ゲームをしているわけですから、それを考える時間はたっぷりあります。

 

考えてみたところ、

僕は勉強も吃音もなにもかもが上手くいかず、現実に失望していました。

特に吃音。

吃音がなければ、、、。吃音がなければ、、、。いつもそんなことばかり考えていました。

そのように考えていくうちに、将来が不安になり現実逃避としてゲームをするようになりました。

そう。僕のゲーム漬けになった原因は、将来の不安からくる現実逃避でした

 

原因がはっきりしました。そしてどうすればいいのかこれから説明していきたいと思います。

その前に!

時間をかけていいいいです。焦らないで。あなたも考えてみてください

1日ゲームをしていて、ゲームのことしか考えてないのに、いきなり自分のことを考えろと言われても無理があると思います。

ゆっくりでいいので、夜寝る前に5分でもいいので原因を考えるようにしてみてください。考えるのが苦痛じゃなくなってきたら、段々その考える時間を増やしてみてください。

必ずあなたは変われます。

 

あと他人に色々言われるのが一番嫌なんですよね。

特に自分のこと考えてるのに周りから”あーだこーだ”言われると腹が立ちます。

客観的に見れば、悪いのはもちろんゲーム漬けの本人かもしれません。でも周りの人が言ったところでひねくれて反発するだけです。

もし、親御さんがこの記事を読んでいましたら、そっとしてあげてください。ただ、本人のゲーム漬けの生活が何年も続いているようであれば、それなりの対策を講じる必要があるかもしれませんね。。。

僕の場合は、合計で半年くらいゲーム漬けの生活を送っていました。

周りに色々言われるのが嫌だったので、親には「必ずなんとかするから。今はそっとしておいて」と伝えていました。

それに応えてくれた親には感謝してます。。。

原因が分かればその対処法を考えて行動するだけ

簡単なことだと思います。

ゲームする時間を制限したり、運動を強制したりするよりよっぽどゲームと離れることができますよ。

原因が分かれば、それに対処すればいいのです。

僕の場合、将来の不安でした。それも吃音が大きく関わっていたので、吃音と向き合えばいいじゃん!ということで吃音と向き合うために何をするべきかを考えました。

もし、学校の人間関係が原因でゲーム漬けになっていたのなら、人間関係を改善する具体的な策を考えればいいのです。

学校の人間関係が嫌で嫌でしょうがないなら、学校に行かない手もなくはないと思いますよ?ゲーム漬けの人生を送るよりかは、今縛られていることから脱却して新たな人生を選んでいいと思います。

 

具体的に僕が何をしたかというと、吃音をオープンにして、吃音でも好きなことができる環境を作ろうと考えました。

それで、今まで使ったことのなかったTwitterを始めてみました。

そこには吃音で悩んでいる人がたくさんいました。吃音があるけれど頑張っている人もいました。

僕はそれに刺激を受け、本格的にネットビジネスを始めることを決意しました。

 

もうその時にはゲームに一切触れていませんでした。。。

自分の本当にやりたいことをやろう

ここで1つ提案があります。

もしあなたが本当にゲームが好きで好きでしょうがないなら、ゲームをお仕事にしてしまえばいいのです。今ではプロゲーマーという言葉も浸透してきました。

ただ簡単なことではないので本当にゲームで生きていくなら、計画を立てて、プロチームに入ることをおすすめします。

 

僕は、「プロゲーマーになれるんじゃない?」と周りから何度も言われたことがあります(笑)

自分で言うのも何ですが、結構強かったと思います。

でも僕のやりたいことはゲームではありませんでした。

 

もしあなたが本当にやりたいことがあるならば、行動を起こしてみてくだい。

最初の一歩は重いかもしれませんが、始めてみると案外ゲームより楽しくなってくるものです^ ^

まとめ

ゲームをやめるために変に凝ったことはやる必要ないです。

ゲーム漬けの生活をしていた僕が言うんです(笑)

 

ちなみに僕はゲーム漬けの生活をしていたことを後悔してないです。

人生について考える良い機会だったと思っています。半年や一年くらいゲームしてたってどーってことないですよ。でも周りに迷惑をかけているってことは認識してくださいね。

僕もそれだけは常に考えていました。

これに関して、自分のお金で生活してる分には本当にどーってことないと思います。

 

これからの自分をじっくり考えてみてください!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)