ホーネット250の燃費は?燃費を大幅に改善する豆知識を公開!

ホーネット250の燃費は?燃費改善の豆知識を大公開!

普段僕はホーネット250に乗っています。

そこで考えることがありました。

それは、

「自分のホーネット250って燃費良い方なのか…?」

ということ。

 

そこで!ホーネット250の燃費について調べることにしました。

  • ネットに載っていた情報
  • 実際に僕が載っているホーネット250の燃費事情

これらをまとめてみたので、ホーネット250の購入を検討している人や、今ホーネット250に乗っている人の参考になれば幸いです!

 

この記事を読んでわかること
  1. ホーネット250の燃費
  2. 乗り方による燃費の違い【実体験に基づく】
  3. 燃費を大幅に改善する豆知識

Sponsored Link

ホーネット250の燃費

 

250cc4気筒ネイキッドのホーネット250。

カタログ値の燃費は、32.0km/Lです。

これを見ると、

「昔のバイクにしては良い燃費じゃん!」

と思うんですが、カタログ値通りの燃費にならないのが自動車のお決まりです(笑)

 

ネットに載ってる情報によると、ホーネット250の平均燃費は『22.66km/L』だそうです。

この数字は、ホーネット250乗り1659人から寄せられた情報なので、かなり信ぴょう性は高いと思います。(情報元:みんカラ

『22.66km/L』。なかなか良い数字ですね〜^ ^

僕の乗っているホーネット250の燃費

ちなみに僕の乗っているホーネット250の燃費を紹介したいと思います。

 

僕のホーネット250は’97年式で総走行距離が21000キロで納車されました。

そして気になる燃費の方は、買った時点で『18.18km/L』でした。

もともと『20km/L』くらいはあると思っていたので、「ちょっと燃費悪いかな?」って思ってしまいましたね。

( とは言っても、かなり高回転まで回してたので妥当な数字かもしれません/(^o^)\ )

 

でも僕のバイク、ある1つのことをしたことによって、ぶん回しスタイルでも燃費を『21km/L』まで改善させることができました。

これ本当です!

その豆知識は後ほどお伝えしますよ!

乗り方による燃費の違い

それでは、ホーネット250の乗り方による燃費の違いについてお話しします。

ホーネットはぶん回して楽しいバイクなので、ついつい高回転を多用してしまいます。

補足

便宜上、本記事では8000回転以上を高回転とします。

乗ってみればわかるのですが、ホーネット250は8000〜10000回転を超えた辺りからかなり唸ります。

でもその音が堪らなくて回してしまうんですけどね(笑)

あることをした僕のホーネット250は、ぶん回しスタイルで乗っても『20km/L』は超えます

そこまでぶん回さない乗り方をすれば『23〜24km/L』くらいいくとおもいます。

 

当たり前ですが、乗りかたによって燃費はかなり変わってきますね。

乗りかたによる燃費の違い

高回転多用:『〜20km/L』

高回転抑制:『23〜24km/L』

ホーネット250の燃費を大幅に改善する豆知識

 

それではお待ちかね、ホーネット250の燃費を大幅に改善する豆知識を紹介していきます!

今回紹介する燃費に関する豆知識は、ホーネット250だけでなく、その他のバイクにも通用するものですので、知ってて損はないですよ!

チェーン・前後スプロケットの交換

これが豆知識の本命です。

僕はチェーン・前後スプロケットの交換をして、ホーネット250の燃費を大幅に改善させることができました。

それも、『18km/L』から『21km/L』までと、驚異的な数字です。

燃費:『18km/L』→『21km/L』の改善

前期型ホーネット250の燃料タンクは、リザーブ含めず11L入りますので、走行距離では、約200k路(交換前)から約230キロ(交換後)の改善と見てとれます。

チェーン・前後スプロケットの交換は出費が大きくなりますが、その分得られる効果は絶大です。

燃費だけでなく、乗り味もよくなりますからね^_^

補足

チェーン・前後スプロケットの交換は状態にもよりますが、約2万キロ毎の交換が推奨されています。

チェーンの清掃・注油だけでも

チェーン・スプロケットはしょっちゅう交換できるようなものではありません。

だからこそ、普段から清掃や注油を心がける必要があります。

チェーンやスプロケットの状態は燃費の良し悪しにつながります。

注油や清掃をしっかりと行うだけで、チェーン・スプロケットの状態や寿命を伸ばすことができますよ!

低燃費運転を心がける

自動車全般に言えることですが、低燃費走行を心がけるだけで燃費は改善します。

これからその例をいくつか上げていきます。

急発進・急停車を控える

急発進では、燃料が過剰に使われてしまうので、燃費は悪化します。

発信時は、ゆっくり加速することを心がければ大丈夫です。

 

急停車が燃費悪化に直結するというわけではありませんが、急停車は速度を急激に落とすことにつながるで、非常に無駄な動力を使っていることになるのです。

余裕をもった運転なら、余計に速度を出す必要もありませんからね。

前方の交通状況を把握して、余裕をもった運転をしていれば、急停車は防げます。

過剰な高回転走行を控える

ホーネットは回して楽しいバイクですから、ついつい高回転域を多用してしまいがちになります。

でも、もちろんのことながら過剰な高回転走行は、悪燃費につながります。

 

とは言っても、ホーネット250はもともと高回転ユニットなので、高回転走行を控えるというのは難しいものがあります。

ホーネット250の場合、低回転では加速が不十分だったり、エンジンが不調になったりしますからね。

 

そこで、意識して欲しいのは『過剰な』高回転走行を控えるということ。

ホーネット250は街乗りなら、〜8000回転くらいで十分です。

タイヤの空気圧を適正にする

タイヤの空気圧は意外と燃費に影響してきます。

タイヤの空気圧は、バイクに乗っても乗らなくても自然と減ってしまいます。

ですので、定期的にタイヤの空気を入れるようにしましょう。

 

ちなみに、タイヤの空気はガソリンスタンドで入れることができます

無料のところもあれば、有料のところもあります。

ガソリンスタンドでタイヤの空気をいれたことがない人は、スタッフに声をかけるとやり方を教えてくれますよ!

燃費は『20km/L』超えていればいいかも!

ホーネット250

 

個人的な意見になってしまいますが、ホーネット250は『20km/L』も走ってくれればもう十分だと思います(笑)

20年以上前のバイクですからね^^; (年式にもよりますが…)

 

燃費が気になる方は今回紹介した、

  • チェーン・前後スプロケット交換
  • 低燃費走行を心がける
  • タイヤの空気圧を適正にする

を試してみてください。

 

もし、これら全て試しても燃費が『20km/L』超えなければ、エンジンなどに問題があるかもしれません。

バイクショップの人に相談してみるのもいいと思います。

補足

僕のホーネット250は’97年式でだいぶ古いです。

22年前に製造されたバイクですね。僕より年上です(笑)

でも、チェーン・前後スプロケットを交換したら、ぶん回しても『20km/L』は超えるようになりました。

正確には『21km/L』。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

他にも、バイクに関する記事を取り揃えていますので、気になる方はぜひチェックしてください!

オイル交換は自分でできますよ!それにショップに頼むと年間◯◯◯◯円分損してしまいます(p_-)

»バイクのオイル交換は自分で!ショップでのオイル交換が損な理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)